GT-R Ag ブログ

R35 GT-R フライホイールハウジング交換

新車価格にはとても手の届かなかったR35 GT-Rも、前期型の中古車であれば購入可能な価格で市場にでてきている今日この頃。

最近中古で購入されたお客様がよくいらっしゃいます。

その中で多くの車両がフライホイールハウジングのベアリングのガタが出ています。

R35 GT-R フライホイールハウジング交換

ここはミッションに繋がるプロペラシャフトに接続する部分で、これを放っておくと、プロペラシャフトの触れがどんどん大きくなり、ミッションやクランクシャフトを痛めてしまう可能性があります。

もしも痛めてしまった場合には膨大な修理費用がかかり、場合によっては重大な事故にも繋がり非常に危険です。

もし異音や振動を感じたら、早めの交換をお奨めします。

R35 GT-R フライホイールハウジング交換

R35 GT-R フライホイールハウジング交換

ハウジングは新しいものは対策されており、おそらく再度ガタがでることは無いと思います。

R35 GT-R フライホイールハウジング交換

部品工賃含めて20万円近くかかってしまいますが、せっかく手に入れたR35 GT-R、大切に安全に乗っていただきたいですね。

R35 GT-R フライホイールハウジング交換

トップに戻る